--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『超訳百人一首 うた恋い。』を見る

2012年09月27日 00:00

書くネタはそれなりにあるのですが、更新が滞っているのはドラクエ10を夜にしてるからです。
しばらくは飽きそうにないなあ。










さて、今回はテレ東の深夜にやっていたアニメ『超訳百人一首 うた恋い。』を紹介。
語弊があるかと思いますが、いわゆる腐女子の方たちに人気ありそうなアニメです。


普段なら見向きもしないジャンルなのですが、このアニメは百人一首を題材にしておりまして、人物相関とか時代背景とかにいささか興味があったものですから毎週チェックしていたわけです。
自分は日本史がまるで駄目だったので、割と勉強になりました。


まったく・・・妖怪好きが高じてしまうとこんな方面にまで手を伸ばしてしまうから困ったもんです。
といっても百人一首に関係する妖怪なんてほとんどいませんけどね。(角盥漱か鬼一口ぐらい?)


それにしても日本語というのは実に美しいものです。
そう思います。
僕が邦楽にこだわる理由はここらへんにあるのかもしれない。


これくらい大胆にビジュアル化して現代風にアレンジしてくれたほうがとっつき易いし理解も早いですね。


一点ツッコミどころを挙げるとすれば、きれいな和歌で話を締めた後、いきなりエンディング曲でラップが流れるとこかな。
さすがにこの演出は無いだろ~と思いましたが、まさかあえての組み合わせ?
昔と現代の日本語詞の対比を狙ってるとか。
う~ん…考え過ぎだろうか。


エンディング曲
関連記事
スポンサーサイト

トクマルシューゴ/Decorate

2012年09月08日 00:00

DecorateDecorate
(2012/09/05)
トクマルシューゴ

商品詳細を見る



トクマルシューゴ、約2年半ぶりのリリース。
もう新曲でないんじゃないかと思うくらい待ちました。


アルバムに先駆けシングル「Decorate」が発売され、PVもようやく公開。
クオリティも変わらずで、なかなか良い塩梅だと思います。


僕はどっちかというと前回の「Lahaha」の方が好き。
でも今回もおもちゃ箱をひっくり返したような楽曲で、色んな音が鳴ってて非常に楽しいです。


他のアーティストには真似のできない音の組み合わせ。
彼にしか持ち得ない発想力と創造性が最大の魅力だと思います。


どこか遠い異国の地に連れてってくれるようなそんな気分。
ファンタジーの世界と合いそう。
現世を忘れてトリップさせてくれます。
アルバムも期待!!








おまけ


こんな感じでセッションしたいね~








ギターうまいなあ
関連記事

今更ながらジョジョの奇妙な冒険を読んでみた(第5部の感想)

2012年09月06日 00:00

ジョジョの奇妙な冒険 63 (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 63 (ジャンプ・コミックス)
(1999/04/30)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る




ジョジョ第5部「黄金の風」編、やっと読破できました。
いや~今までで一番面白いシリーズだった。
チーム・ブチャラティ最高!


味方にしても敵にしても、キャラクターの個性がはっきりとしていて、とても魅力的。
自然とキャラに愛着がわきますね。
好きなのはブチャラティやナランチャあたりかなー。


スタンド能力もこれまで以上に突飛なものが続々出てきます。
想像の範疇を軽く超えてきますね。
荒木先生やっぱすげ~わ。
メタリカとかベイビィ・フェイスとかよく思いつくよなあ・・・


まあ荒木先生独自の解釈というのか、時々読んでて「え?今のって物理的にどうやって勝ったの?」と理解に苦しむ場面も結構ありましたが、見た目が格好いいのでそんなちっぽけなことは気にしないことにします。


それにしても本作はバトルがすこぶる熱いです。
スタンド同士のトリッキーかつハードな闘いはかなり見応えあります。
好きなバトルシーンは、超特急で繰り広げられたプロシュート&ペッシとの闘い。ブチャラティがカッコいいのなんのって。
ギアッチョやノートリアスBIGなんかのしつこい系も好きですね。



そういえば今、ゲーセンのプライズ景品でブチャラティチームのフィギュアが出てるらしい。

プライズ景品DXフィギュア、新シリーズはブチャラティ・チームを立体化! 第1弾は『ブローノ・ブチャラティ』!(2012年5月下旬)@JOJO



すごく・・・欲しいです・・・。
関連記事

サカナクション/夜の踊り子

2012年09月01日 00:00





サカナクションのニューシングル「夜の踊り子」がついに発売。
そしてミュージックビデオも公開。
ただいま鋭意ヘビロテ中。
今回も期待を全く裏切りません。
今一番脂が乗ってるバンドじゃないでしょうか。



それにしてもまあ楽曲の完成度が高いこと。
モード学園で流れてたサビだけ聴いてイメージしてた感じと全然違いました。


曲の構成もひねってるし、はじめの合いの手も面白い。
サビで利かすエレクトロ的な音の響きもかっこいいし、山口氏お得意の裏声がとても心地良いです。


歌詞は普通に読むと失恋の歌にとれますが、いろいろ解釈ができる余地もありますね。
前回のアルバムに入ってた「ドキュメント」という曲の中で、「愛の歌 歌ってもいいかなって思い始めてる」と唄ってたのでそういうのも作り出したのかなーと思ってみたり。


前シングル「僕と花」よりこちらの方が好みですね~。
サカナクションは基本サビでノリノリになる具合がたまらんので。

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。