--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなアーティストのCDが怒涛の勢いで発売されるようです

2012年06月30日 23:24

7月11日には中村一義が10年ぶりのアルバム「対音楽」を出すでしょ。
8月8日には七尾旅人が2年ぶりのアルバム「リトルメロディ」。
そんでもって8月29日にはサカナクションのシングル「夜の踊り子」。
9月5日にはトクマルシューゴが2年半ぶりのシングル「Decorate」。
あとザゼンボーイズも4年ぶりにニューアルバム『すとーりーず』を出すという。

つまり、大好きなアーティストが怒涛の勢いでCDをリリースするっちゅーことです。
嬉しいやら金欠やら。
どれもこれも何年ぶりかの念願の新曲!
テンションあがる~。

今年はかなり音楽密度の濃ゆい一年ですな。











関連記事
スポンサーサイト

ももいろクローバーZ/Z女戦争

2012年06月19日 00:35

ももいろクローバーZの6月27日発売の8thシングル「Z女戦争」のPVが公開されました。



表題曲の「Z女戦争」は、知る人ぞ知る相対性理論のやくしまるえつこが作詞作曲を手掛けたそうで。
それだけでアングラ好きにはかなりの相乗効果を期待できるところなんですが、ネットでは賛否両論の嵐となってます。
確かにサビがイマイチだったりやたら時間が長かったりしますがねえ。



でもPVの特撮というかコスプレのはっちゃけてる感じは相変わらず良いと思いますよ。
お馴染みのヒャダインにばかりに頼ってちゃ、ももクロもそのうち腐りますからね。
ここからの伸びシロを期待するわけですよ。



正直、前の2作品はあまりにも万人受け狙ってて全然ピンと来なかっただけに今回の方が好きです。個人的には。
まあ嫌いな人が大半なんでしょうか。
しかし、ここまでメディア露出して人気が出てくると、次第に風化していくのが世の常というもの。
できればあまり売れてほしくなかったと思うのは、マイナー好きの言い分でしょうか。




敵はAKB48という設定らしい。




カップリング曲は王道中の王道のストレートなやつ。でも、これはこれで冒険してないので物足りない。







関連記事

今更ながらジョジョの奇妙な冒険を読んでみた(第3部まで)

2012年06月12日 23:26

ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)
(1987/08/10)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る



子供時代に少年ジャンプでチラッと見たことがある程度だったんですよね。ジョジョって。
いつかちゃんと読みたいなーと思ってました。
そんな折、ようやく読む機会が巡ってきましたのでぽつぽつと読み進めてるところです。



今のところ第3部まで読み終えたんですが、読んだことない人でも知っているあの有名な“スタンド”が登場する第3部の空条丈太郎編からがやはり面白いですねー。
少年系バトル漫画にありがちな1戦1戦がやたら間延びして長くなるということはなく、ぽんぽんと小気味よく展開していくのが良いです。



ジョジョの魅力って、ストーリーがどうこう言うよりも、キャラクターのスタイリッシュというか突き抜けたデザインセンス、それに独特のセリフ回し(擬音含む)にあると思います。
今となっては逆に笑っちゃう場面もあるんですが、少年の頃に読んでたらひたすらカッコよかったのかもしれません。



しかしながらスタンドの能力とか、作者の発想には毎度度肝を抜かされますわ。
いまだに波紋とか、説明されてもイマイチ理解できないです。
雰囲気を楽しめば良いんでしょうね。



今の知識なら昔アメトークでやってたジョジョ芸人がより楽しめるかもしれないなー。
と思っていたら、また今度2回目のジョジョ芸人が放送されるという情報が!!
なんという偶然wこれは見なければ!
関連記事

アイアムアヒーロー 9 (ネタばれ?)

2012年06月04日 22:23

アイアムアヒーロー 9 (ビッグ コミックス)アイアムアヒーロー 9 (ビッグ コミックス)
(2012/05/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る






待ちに待った新刊。

今回は初っ端に本編とは別のサイドストーリーである「台湾編」が収録されてます。
だもんで、本編はあまり進展しません。食料ゲットしたくらいか。

それに表紙になってるくせに比呂美ちゃんの出番が全然ないなんて!オーノー!
いつになったら正常に戻るんだろうか。

しかしながらこの表紙はファンサービスなんでしょうが、微妙なホクロ位置とか妙にリアリティがあってなんかエロいわ~。
次刊は秋頃らしいのでまたしばらく待ちぼうけですね・・・。





それにしても、この漫画そこそこ人気もあるようですし、実写化とかしないのかなー。
まあドラマは絶対無理でしょうが。
映画?でも多分R指定になりそうだな。





と思っていたら、誰が作ったか知りませんが結構主人公が似ている実写化動画を見つけました。



後はZQNの再現が問題だな。

ついでに言うなら、比呂美ちゃんは最近テレビによく出てるこの娘とかがピッタリだと思う。
作者は蒼井優のイメージで描いてるらしいですが。



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。