--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーデイ・サービス/ふたつのハート

2010年04月25日 23:58

サニーデイ・サービスが再結成してアルバム「本日は晴天なり」が発売されたようです。
気になる。

その中から「ふたつのハート」という曲のPVを見つけました。



う~ん。やっぱりサニーデイ・サービスって感じ。
やさしい歌声、そして穏やか。

フォーキーというかブルースというか。
古く懐かしくもあるけど新鮮というか。
けっこうサビはベタな感じがしますが、ぐっときますね。

いや~聴く時を間違えると泣いてしまいそうなくらいせつないっすわ。

「god only knows!」ではじけますね。
関連記事
スポンサーサイト

フィッシュマンズのカバー

2010年04月24日 00:33

偉大なフィッシュマンズ。
やはり多くの歌い手によってカバーされてるようです。

そんななか、youtubeで見つけた好きなカバーバージョンを紹介。


Fishmans + UA - 頼りない天使


Fishmans + UA - 新しい人


Fishmans + UA - Walking In The Rhythm


UAの声で歌うとまた違った感じになるもんですね。
重みが出てくるっつーか歌詞の捉え方も変わります。
お陰でこの3曲はこれを聴いてから初めて良い曲だと気づきました。逆輸入?


ハナレグミ 『いかれたBaby』


永積さんの声って羨ましいほど良い声ですね~。
アレンジも感心するほどめっちゃ良いわ。
曲調には合ってる歌い方な気がします。
関連記事

七尾旅人/雨に撃たえば...!disc 2

2010年04月13日 00:59

雨に撃たえば...!disc 2雨に撃たえば...!disc 2
(1999/08/04)
七尾旅人

商品詳細を見る


1. 最低なれピンクパンク...!
2. ココロはこうして売るの(2)
3. 「男娼ネリ」第19夜シーン8
4. ルイノン (9May’99)
5. オーギュ,空を撃つ。
6. 萌の歯
7. ガリバー2
8. コナツ最後の日々。
9. 「思いつき!思いつき!!」なに?「キャトル・ミューティれるの。」
10. バニフォー おもちゃ工場の連中だよ!~露コナツ最初の日
11. コーナー
12. 左腕◇ポエジー




人生の名盤。七尾旅人のファーストアルバムである。
最初から最後まで捨て曲なし。


このアルバムの魅力は簡単に語り尽くせないものがあるのですが、動画を見てたら無性に投下したくなりました。


美しい楽曲の中に潜む独特な歌声、メロディー、心震わす歌詞…
これはポップともロックともつかない分類不能のジャンル。



すごいと思うのは彼の日本語詞の使い方。
初聴きでは絶対に聞き取れない、なんなら歌詞カードを見ながら聴いてもさっぱり聞き取れない言葉。

ひどくあいまいな歌い方がそうさせているのですが、逆にそれがさまざまなニュアンスを生み出し、聞き手の想像を膨らませます。そしてようやく聞き取れた言葉は、実に心のえぐい部分をさらけ出していて、私の心を掴んで離しません。
歌詞の区切り方も異様で、一つの文章が一つの小節にとどまらないので、メロとサビの境がよく分かりません。
なので歌詞を理解してから聴くと、同じ曲でもまた違った印象になります。
あの当時、中村一義を超える日本語詞の使い手が現れた!と思いました。

あとは、この声に違和感がなければ中毒症になることは必至です。
残念ながらちょっと聴いただけでは、このアルバムの良さは全然伝わらないと思います。
歌詞を聴きとってみて初めて世界が開ける感じです。



そしてアルバムを一言で表現すれば、それは混沌。

曲名からもうぶっ飛んでますし、楽曲もいろんなものを混ぜ合わせたような感じ、歌声も男のような女のような歌い方。
そして歌詞も一曲一曲ショートストーリー仕立てにはなってますが、その根底にある七尾旅人の深い心の闇。
もう、どこをどうとっても特異点です。


さて、ここでやっとPVを紹介

「萌の歯」

出だしの「コタツの中で萌の唇を…」でもうやられますね。しまいにゃ「殺して殺してやる~♪」なんて軽快に歌うんですから。

「コーナー」

アルバムの中では一番とっつきやすい曲かも。ニコニコで歌詞入りを発見。

本人のブログにこの曲の別バージョンが載っていて、それを見てやっとコーナーの意味が分かりました。
Ψ人生おかわりΨ:まがりかど



あと動画はないのですが、やっぱりガリバー2がなんだかんだでベスト。あとはバニフォーかな。

長々と書きましたが、ぜひ一回聴いてみてほしいです!好みは完全に分かれますが。

関連記事

サカナクション/NIGHT FISHING

2010年04月08日 00:49

NIGHT FISHINGNIGHT FISHING
(2008/01/23)
サカナクション

商品詳細を見る


セカンドアルバム。
出だしの「ワード」から「サンプル」「ナイトフィッシングイズグッド」に続く流れがグッド。

プレイヤーばらばらっですが、何とかPVを集めてみました。


歌詞が好き。


これはノリノリなとこが好き。

サカナクション「ナイトフィッシングイズグッド」 from sleepingtokyo.com on Vimeo.


PVがとても雰囲気良いなあ。
途中の変拍子の展開がいかにもサカナクション流。
へたすれば合唱団みたいになってしまうのに、トータルで聴くとかっこ良くまとまってるのは流石。
関連記事

サカナクション/GO TO THE FUTURE

2010年04月08日 00:25

GO TO THE FUTUREGO TO THE FUTURE
(2007/05/09)
サカナクション

商品詳細を見る


サカナクションのファーストアルバム。
テクノよりもどっちかいうとロック寄り。スパイス程度に入るエレクトロが心地よいです。
ノリで行かない分、歌詞の世界観が際立ち、曲に深みを与えます。

初っ端の「三日月サンセット」と最後3曲の「開花」「白波トップウォーター」「夜の東側」がお気にです。
特に三日月サンセットがそうなんですが、ボーカルの後引くような歌い方が、だんだんクセになってきますね。
まだまだ当分サカナクションでヘビロテです。

サカナクション「三日月サンセット」 from sleepingtokyo.com on Vimeo.






関連記事

Base Ball Bear/十七歳

2010年04月06日 23:25

十七歳十七歳
(2007/12/05)
Base Ball Bear

商品詳細を見る


たまにTUTAYAさんとか行くと、音楽雑誌なんかの評価だけを頼りに一回も聴いた事がないアーティストのCDを借りることがあります。何でかって、それは新規開拓のため。

で、大抵はあんましピンとこないのですが、そんでもipodに入れてBGM代わりにしばらく聴いてるうちに、だんだん「あれ…?これ実はいいかも…」なんて曲に出会うこともあります。
つまりは、聴いてるうちに好きになっていくパターンのやつです。

ベースボールベアーは正直、最初「何これ?スーパーカーとナンバーガールを足して割ったようなやつじゃん!」とか思ってましたが、聴いてるうちにだんだん彼らの“らしさ”みたいなのに気付いてきました。


僕の中では「さわやか」さと「色気」を兼ね備えたバンドという印象。何か艶っぽいって感じ?
好きなアルバムは今のところ「十七歳」。最初の三曲が特に好みです。
残念ながら歌詞のほうはいまいち僕には響くものがないです。
でも今後化けるかもなのでチェックしときます。

十七歳

ドラマチック

抱きしめたい

ここで貼り付けて見れないのがひたすら悔しいぃ!!



まあとりあえず、セキネ嬢はかわいいなと思いました。
ベースが女性のバンドって結構いますが、こういう朴訥な子が無表情でたんたんと仕事をこなす的な感じはとても好感持てます。ナンバガの田渕ひさ子に通ずるものがある。
関連記事

安藤裕子

2010年04月05日 00:04

久しぶりに聴きたくなってyoutubeで探してみました。安藤裕子。

「ドラマチックレコード」という曲がPVを含めてすごく好きで、それ以降のアルバムもずっと聴いていますが、やっぱりこの曲がベストです。曲的には初期の方が好みかも。

彼女の声と歌い方がとても好きなんですが、彼女の醸し出す雰囲気もすごく好きなんです。惚れるわ~。

つーか、youtubeの動画が貼れないようになっててものすごくフラストレーション溜まります。エイ○ックスめ…。

ドラマチックレコード


月桂冠のCMで流れてたバージョンよりもこっちの方が好きです。

HAPPY

パラレル
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。