--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

perfume その2

2010年01月31日 20:42

自分が手軽に見たい事もあり、perfumeの他の好きな曲をまとめて紹介。

こうして見ると、好きな曲はPVの影響もかなり強い事に気づきました。

「SEVENTH HEAVEN」


SEVENTH HEAVEN(高画質)


「love the world」


love the world(高画質)


「Dream Fighter」


Dream Fighter(高画質)


「Baby cruising Love」


Baby cruising Love(高画質)


「ポリリズム」


ポリリズム(高画質)






関連記事
スポンサーサイト

perfume その1

2010年01月31日 20:42

すいません。めっちゃメジャーなんですが紹介します…



perfumeは、アイドル的にというよりは、テクノポップとして良いなあと思います。
曲に使われるエフェクトが毎回面白いし、何回聴いても飽きない曲が多いです。
これはもうプロデューサーあってのperfumeと言わざるを得ないでしょう。

しかしながら、それと同じくらいすごいと思ったのは彼女たちの踊り。
きちんとそろってるのは当たり前ですが、ちゃんとうまいんですね。
練習量がはんぱなさそうです。



僕はアルバム「GAME」から聞き始めたのですが、その前後を比べてもやっぱりこの頃の曲が一番好きなんです。

その理由は声にあります。ヴォコーダーっていうんですっけ?生声と機会音の中間のような声。
初期は生声寄りでアイドルっぽい曲が多いのですが、最近では誰が誰やら分からないくらい機械音寄りのもろテクノな曲ばかりになってきています。
「GAME」の頃のperfumeは、この声のいじり具合がちょうどいい感じで、アイドル的なポップさを残しながらテクノサウンドと見事に融合した絶妙なバランスを保っていたように思います。
つまり、アイドルすぎずテクノすぎず…これこそがperfumeの最大の売りだと思うのですが。

だもんで、最近の曲はあまりピンとこないのが現状です。
もちろんいい曲もあるんですが、ヘビロテになるほどではないすね。
今後はどういった方向へ行っちゃうのでしょうか…。





そんなわけで勝手に好きな曲ランキング。





第1位 「シークレットシークレット」

もうこれ、ほんと好きなんです。
僕の中でperfumueのピークがこれ。楽曲、歌詞、踊り、PVが見事にマッチしていてパーフェクト。



シークレットシークレット(高画質)







第2位 「セラミックガール」

歌詞が曲の雰囲気と合っていて良いです。踊りも好きです。



セラミックガール(高画質)

セラミックガール(ライブ)





第3位 「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」

これも踊りが好き。ちょいアイドル寄りすね。
あと1位から3位はサビ何回聴いても飽きないです。脳内麻痺してきます。



パーフェクトスター・パーフェクトスタイル(高画質1)(高画質2)





関連記事

モテキ

2010年01月19日 01:54

モテキ (1) (イブニングKC)モテキ (1) (イブニングKC)
(2009/03/23)
久保 ミツロウ

商品詳細を見る


とある雑誌で面白いと紹介されていたので買って読んでみました。


…いやあ、面白いっすね!

ものすごくリアルなんですよねー。あの雰囲気とか心理描写とか。
誰しもが思い当たるような、あるある感たっぷりの恋愛模様が展開中です。

作者が女性なので、今まで見た男性向け恋愛モノとは異なった視点で展開してるのもとても新鮮です。
早く続きが見てー!

あと、各話のタイトルが曲名になってるのに気づいたんで、思わずyoutubeで全部調べちゃいました(汗)
元の曲知ってるとまたその回の雰囲気に合ってたりしますね。意外に。
しかしマイナーどころの曲が多いこと…良い趣味してるな作者。

僕の好きな曲で、第4話のタイトルになってる「恋はいつも幻のように」がホフディランの曲だなんて、いったい何人が知ってるんだ!?と思いました。まああれは名曲なんですが…
関連記事

fishmans/ナイトクルージング

2010年01月14日 01:14

昔から存在だけは知っていたフィッシュマンズ。
昨年からようやく聞き出したんですが、中村一義や七尾旅人以来、ものすごい衝撃を受けました。
僕の中のサードインパクト。ああ、出会えてよかった!

なぜリアルタイムで聞かなかったのか…ひたすらに後悔してます。
この溢れる多幸感。無限の浮遊性。こんなに良い音楽がまだ残っていたとは!





そんななんかで紹介するのは「ナイトクルージング」。フィッシュマンズではかなり有名な曲です。
僕がそうだったんですが、初聴きでは意外にピンとこなかったのを覚えています。

しかしこの曲。聴き込むと中毒性がはんぱない。
もう100回以上は聴いてますが、まあ飽きない。昇華してゆきます。
特に酒を飲みながら聞いてるとかなりふわ~っと持ってかれます。
このPVもだいぶそれを助長してる感じがします。

この声で、この楽曲で、この歌詞でないと絶対に表現できない音楽だと思います。

フィッシュマンズを知るにはまずライブとか見てみると良いかも。
当然酒飲みながら見ると当社比2倍です。
関連記事

Polaris

2010年01月14日 00:42



フィッシュマンズの流れでようやく聞いてみたPolaris。
あくまで僕のイメージですが、フィッシュマンズの心地よい浮遊感を残しながらノスタルジーを感じさせる音楽がとても好印象です。
ナイトクルージングのようなあの無限の昇華を味わえる「光と影」が特にお気に入りです。



この「檸檬」も好きです。
少しサニーデイサービスの「あじさい」を思い出すフォーク感がたまりません。
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。