--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DB芸人が本気でラップやってみた

2012年08月06日 00:00





お笑い芸人でドラゴンボールのキャラを真似されてる方は何人かいます。
一番有名なのがべジータに扮してるR藤本という芸人さん。


彼が考えたラップネタというのか替え歌というのか、ニコニコ動画で紹介されてました。
これが予想以上にウケた。
元ネタは超有名なドラゴンアッシュの「Grateful Days」です。


ちゃんと韻踏んでたのには感心。
ヤムチャがちょっと下手すぎるけど。


フックで出てくるフリーザがやたら面白い。
「デスボール!キエッ!」で必ずふくw
声が似てる。




ちなみにこちらが本家。
スポンサーサイト

THE MANZAI 2011の感想

2011年12月20日 01:31

パンクブーブーが優勝しちゃいましたなー。
決勝の感じならナイツぽかったんですがね。
しかし、僕が一番はまったのは千鳥でした。

お笑い好きからすると、パンクにしてもナイツにしても、今回やった漫才は過去既に見尽くしたパターンのネタを再現してるだけなのでかなり物足りなかったんですよね。
なので、多少のアレンジはあっても爆笑とまではいかなかった。
確かに漫才の完成度、出来としては良いのでしょうが。
まあ一般の視聴者からすれば全部初見だったでしょうから今回の結果は割と妥当だったかもしれません。

あと思ったのは、東と西でずいぶん笑いのツボが違うんだなーと改めて実感。
いわゆる大阪の笑いの感性が独特なのでしょうか。
テンダラーと千鳥の評価が東は低いんですよね。
確かにあの雰囲気で楽しく笑える感じっていうのは関東にはない気がします。
僕はどっちかというと西寄りの人間なので大好物なのですが。

練りに練られて凝縮された漫才は確かに面白いんですが、どこか冷静に作品として見てしまうところがあり、よほどネタが面白くない限りはツボにはまりません。
特に今回ウーマンのようなひたすら早口でしゃべって自然な感じが全然しないのはいかがなものかと思いました。
客が疲れるだけ。漫才ってそういうもんじゃないでしょと思いました。

ダークホースになったのはHi-Hi。
あの適当キャラはもう少し質を高めれば売れそうな気がします。
やや作った感が否めなかったので、面白いけどはまりはしませんでした。

しかしながら、スリムクラブは相変わらずボケの威力が半端ないわ。
シュール系の言葉選びが絶妙。
博多華丸・大吉の安定した漫才も良かったです。

あと来年売れるかどうかは正月番組次第だな。

THE MANZAI 2011 決勝進出者決定

2011年12月02日 22:46

M-1グランプリの後継番組で12月17日に放送される「THE MANZAI」の決勝進出者が決まったようです。


アルコ&ピース
囲碁将棋
ウーマンラッシュアワー
エルシャラカーニ
学天即
磁石
スリムクラブ
チキチキジョニー
千鳥
テンダラー
ナイツ
Hi-Hi
博多華丸・大吉
ハマカーン
パンクブーブー


毎年これを見ないと年は越せません。

学天即、チキチキジョニー、Hi-Hiは全然見た事ないです。
審査方法が気になるところですが、個人的に応援してるのは囲碁将棋ぐらいかなあ。
ワクワク感が薄れてしまったのは万年出場の笑い飯がいなくなったからでしょうか。
誰が優勝しても驚かない印象。
でもどちらかと言えば、売れてる芸人さんが優勝するよりは、ニューカマーに優勝してほしいですね。




おまけ
囲碁将棋の漫才


笑い飯スタイルに近いかも。漫才の型にはまらない普通にだべってる感じが好き。


ものまね番組

2011年04月29日 23:35

最近のものまね番組ってあまり見てないんですよ。
なんか若手お笑い芸人のネタ見せも混じってて、非常に内容がゆるいんですよね。
昔のものまね四天王が本気で闘ってた頃が懐かしいです。



そんな折、こないだ知り合いに面白いよと教えてもらったB'z軍団なるものを見ました。


トリを飾る中村さんという方が別格にうまい。


こればかばかしくて好きです。集団でやるのはずるい。





ものまねに求めるものって、笑えるものまねとうまいものまねの2種類あると思うんですよ。
youtubeを巡回してて偶然見つけたのですが、青木隆治さんという方。
彼は間違いなく後者です。
ひさびさに天性の才能を見せつけられた。




歌唱力ありすぎです。本人超えてるときあります。
渡辺真知子には鳥肌立った。



これは本人が乗り移ったとしか思えない。完コピじゃん。





でもやっぱ僕が好きなのは、ロボ五木とかなんですけどね。

コロッケはもはや別次元。

ごっつええ感じ

2011年04月26日 01:26

伝説のコント番組。
たまーにネットで見返して笑っとります。

しかし、今見ても笑えるクオリティってすごいね。
ダウンタウンもさることながら、今田東野と130Rもかなりいい仕事してます。

僕が当時好きだったコントはシュール寄りのコント。
ゴールデンでこれくらいインパクトあるお笑い番組ってもう出ないんだろうなー。



シリーズ通して好きです。例えが面白い。



回を重ねるごとにだんだん壊れていくキャラ設定が最高。それぞれがキャラを考えてたんだろうか



お見舞いにくるコントは何個かあったが、これが一番好き。
松本の言葉選びが絶妙。これぞ僕が求めるごっつの真髄。

M-1グランプリ2010の感想

2010年12月26日 22:51

いや~最後の大会に相応しくというべきか、笑い飯の優勝でした。
決勝のネタが少し弱かっただけに辛くもの優勝でしたが一番綺麗な終わり方ですね。
一回目は鳥人を踏襲したネタにも関わらず一番面白かったです。
これまでの総合成績というか、同情票もあって、まあ納得の結果でした。

それにしても今大会、スリムクラブが大いにかき回してくれましたねー。
内容は、漫才というか、もうほぼコントなんですが、それをふまえても面白かったです。
あの間とあの声とボケの破壊力のみで見事魅せてくれました。
なんかオードリーと同じ路線で来年売れていきそうな予感。

というか他のコンビのネタがイマイチだったような気が…。
パンクブーブーの1回目は昨年と違ったスタイルですごい良かったんですが、2回目で全然変化球を投げなかったのが敗因。まあ2連覇されたら流石にしらけますけど。
というか敗者復活戦のほうが面白いコンビもいましたね。囲碁将棋とか決勝で見たかったわー。

M-1グランプリ2010優勝予想

2010年12月14日 00:03

さあ決勝進出者が決まりましたね。
半分しか当たらなかった…
順番も含めて以下の8組となりました。



カナリア (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
ジャルジャル (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
スリムクラブ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
銀シャリ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
ナイツ (マセキ芸能社)
笑い飯 (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
ハライチ (ワタナベエンターテインメント)
ピース (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
敗者復活戦勝者



パンクブーブー落ちたんですね。意外にも。
ウーマンもいくと思ったんだけどなあ。
ジャルジャルはコントばっかりと思ってたので残ったのは意外でしたね。てか漫才見たことない。

うーん。この中で優勝予想するとなるとどれかなー。
昨年の「鳥人」級の漫才が続くとまあ笑い飯なんでしょうが。

M-1は順番もかなり大事ですしね。
銀シャリあたりが安定した漫才をするかもしれませんね。
あと完全にダークホースなのはスリムクラブ。
ちょいと調べたところ、ハスキーボイスのボケと沖縄方言のツッコミというかなり異色のコンビらしい。
コントしている動画はかなり面白かったけど漫才はどうでしょ。期待です。

M-1グランプリ2010決勝予想

2010年12月12日 01:17

毎年恒例のM-1グランプリ。この話題が来ると年の瀬を感じます。
今年は誰が優勝するんでしょうかねー。
どうやら明日準決勝が行われるようです。

ちなみに準決勝に進んだ24組はこちら。



アーリアン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
マヂカルラブリー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
ウーマンラッシュアワー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
ピース(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
笑撃戦隊(ワタナベエンターテインメント)
囲碁将棋(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
カナリア(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
銀シャリ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
磁石(ホリプロコム)
ジャルジャル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
スリムクラブ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー)
チーモンチョーチュウ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
千鳥(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
東京ダイナマイト(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
ナイツ(マセキ芸能社)
ハライチ(ワタナベエンターテインメント)
パンクブーブー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
プリマ旦那(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
POISON GIRL BAND(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
ゆったり感(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
我が家(ワタナベエンターテインメント)
笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)



知らなかったコンビは、アーリアン、笑撃戦隊、囲碁将棋、スリムクラブ、プリマ旦那の5組。
それらを抜かして決勝進出を予想してみました。


やらしい話ですがTV的に外せないのが、前年優勝の「パンクブーブー」、ラストイヤーで優勝なるか?の「笑い飯」でしょうね。
それと最近売れまくってる「ピース」と、紳助お気に入りの「ウーマンラッシュアワー」もいきそうですね。

残りで考えると僕的には、「銀シャリ」「磁石」「東京ダイナマイト」「ナイツ」あたりが妥当じゃないでしょうか。どのコンビも普通に漫才楽しめますし。


ハライチも好きなんだけどなあ。前年と同じ展開のノリボケだけじゃ絶対無理だろうな。
マヂカルラブリーとかチーモンも好きなんですがまだ無理かなあ…てとこですか。


M-1はなんか年々質が下がってる気はするんですけどね。
でも見ちゃう。まあ風物詩すね。

ロムスカ・パロ・ウル・波平

2010年05月12日 22:24





サザエさんの波平の声をラピュタのムスカ大佐にすげ替えたいわゆるMAD動画。
見てて多少意味が通じないところもありますが、そこはシュールと捉えて。
僕はラピュタが好きで台詞はほとんど覚えているので、かな~り面白かったです。

つーか、これの元になっているサザエさんの話自体、いつもとテンションが違ってて一時ネットで騒がれたようですね。知らんかった。
確かに普通に見てもちょいとおかしい。



元ネタ「父さん 発明の母」







おまけ「なだぎ武 ラピュタのムスカ大佐マネ 」

結構声色が似てる

M-1グランプリ2009

2009年12月21日 00:03

毎年恒例のM-1グランプリ。
これ見ると年の瀬だなあと実感します。

実は今回決勝進出者決まったときに優勝を予想してたのが、パンクブーブーか東京ダイナマイト。
見事にパンクブーブー優勝しましたね。くそ、優勝予想参加すれば良かった…

ハライチは個人的にはすっごく好きなんですが、多分一般受けは厳しいかなーっていうのと、芸歴が浅いからガチガチに緊張するんだろーなーっていうので、優勝候補から外してました。しかし意外に噛みもせず、堂々としてて面白かったですね。今後ノリボケをもっと進化させていけば次は分からないかもですね。


それにしても笑い飯。
毎度毎度面白さの波が激しくて、今年はどうかな~と思ってましたが、1本目のネタの「鳥人」、今回の中で1番最高でした。発想がすごい。
1本目だけの勝負なら間違いなく笑い飯が優勝してただろうなあ…
やっぱり2本の平均でパンクブーブーが優勝なのは納得でしたが。

個人的に面白かった順としては、①笑い飯の1本目、②ハライチ、③パンクブーブーの1本目かなあ。
決勝のネタはどれも1回見た事があったのでちょっと新鮮味に欠けました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。