--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kojoe

2015年10月26日 00:00

日本語ラップもついにここまできたか!

確実に今までのシーンよりひとつ上のステージに立ってる。そんな感じ
まるで英語で歌っているかのように聴こえる日本語。
つまりフロウに重視を置いたラップなんですが、kojoeの場合、韻も確実に踏んでる。そしてメッセージ性もある。
まるで洋楽ラップのように日本語がきちんとはまってる。心地よい。

彼はいわゆるバイリンガル。なるほどだからあんなに発音がいいのか。
曲もたまに日本語と英語を混ぜたやつもある。
急に英語になったり、いつの間にか日本語になってたり。そういうのも好き
でも私はやっぱり日本語中心のメッセージ性のあるラップが聴きたい。それが日本人。

日本のヒップホップの歴史は超ざっくり言ってしまうと、
まず服装や思想などのスタイルを重視したメッセージ性のある(暴力的な)ラップが流行り、
次にいかに韻を踏むかにこだわったテクニカルなラップがその上に乗っかり、
そしてフロウにもこだわったメロディアスなラップが登場、
近年はバイリンガルラッパーも増え、洋楽ラップと遜色のないレベルにまで達している

そんなイメージです。
まあこれはあくまで、10年位フリスタを中心とした日本語ラップを見てきた私の個人的な見解ですが。


日本語をいかに音楽に落とすか…これは昔からどのジャンルにおいても命題だったのはいわずもがな
私でいえば、中村一義や七尾旅人が現れたときに受けた衝撃がそれ

kojoeに話しを戻しますが、SLACKつながりで気になったので、youtubeでざっと聴いたところ一発で惚れてしまい即iTunesで数曲落とすといった経緯。
ちょっと顔はいかついけどね。良い声なのよね。











関連記事
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。