--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジファブリック/TEENAGER

2012年05月23日 01:00

TEENAGERTEENAGER
(2008/01/23)
フジファブリック

商品詳細を見る



1. ペダル
2. 記念写真
3. B.O.I.P.
4. 若者のすべて
5. Chocolate Panic
6. Strawberry Shortcakes
7. Surfer King
8. ロマネ
9. パッション・フルーツ
10. 東京炎上
11. まばたき
12. 星降る夜になったら
13. TEENAGER






今年になって、サカナクション並みの新人アーティストはどっかにおらんかなーとyoutubeで探してるんですが、なかなか見つかりません。
しょうがないので、今さらながらフジファブリックの3thアルバムを紹介します。


去年からハマってまして、やっぱ良いですねフジファブリックは、というか志村さんの功績がすごい。
この声クセになるわ。
好きなアルバムは1th、2th、5thなんですが、このアルバムも結構スルメです。




これはフジファブリックの代表曲と言ってもよいでしょう。名曲中の名曲。
声と歌詞と曲が見事にはまった感じ。
自分のつたない説明ではこの曲の凄さは伝わらないでしょうが、とにかく魔法がかかってます。








トリッキーな曲が多いのも魅力。
関連記事
スポンサーサイト

2011年のハマったもの

2011年12月28日 00:16

今年ももうすぐ終わりますね。
さてさてこの1年は一体どんなものにハマったのか。
振り返ってみると、あんまりないように思えて以外に色々とありました。
アーカイブ的にたまっていくのでブログってこういう時に便利。

ランキングは次のとおり。


1位 フジファブリック
2位 サカナクション
3位 BaseBallBear
4位 ONE PIECE
5位 ぬらりひょんの孫
6位 満島ひかり
7位 嘘つきバービー
8位 S.L.A.C.K
9位 中村一義
10位 よしむらひらく


今年は何といってもフジファブリックの良さを今さらながら思い知らされた年でした。
食わず嫌いというか、聴かず嫌いは本当よくないですね。
1回聴いただけではピンとこなくても、何回か聴いてるうちに魅力に気付くこともあるもんです。

そして昨年に引き続き、サカナクションは良い具合に昇り調子。
ベボベも曲を出すごとにぐいぐいきてる感じがします。

あと比較的漫画にハマった年でしたね。
ワンピースは改めて面白いなと思ったし、絵柄がとっつきにくかったせいで敬遠していた「ぬら孫」もなかなか侮れない面白さがありました。

ニューカマーのアーティストとしては嘘つきバービーよしむらひらくに注目したいところ。
というかトクマルシューゴの新曲はマダー?

ジャンルでいうと最近は食玩やお笑いがめっきり低調気味ですな。
来年はもう少し軟らかい頭であちこち触手を伸ばしてみようかと思ったり。
まあ相変わらずでしょうけど。
関連記事

フジファブリック/MUSIC

2011年07月10日 22:14

MUSICMUSIC
(2010/07/28)
フジファブリック

商品詳細を見る


1. MUSIC
2. 夜明けのBEAT
3. Bye Bye
4. Hello
5. 君は僕じゃないのに
6. wedding song
7. 会いに
8. パンチドランカー
9. Mirror
10. 眠れぬ夜




最近はフジファブリックしか聴いてません。


志村氏最後のアルバムとなった5thアルバムの「MUSIC」。
1曲目から5曲目までの流れがかなり好きです。
ぶっちゃけここだけヘビロテです。
1th、2th、5thの順番で聴いてったので、雰囲気が違って初めはあまりピンとこなかったんですが、徐々にスルメになりつつあります。


もうイントロからやられます。歌詞も綺麗にまとまってて好きです。
おセンチになる曲ですな。



前にも貼ったがもう一度。
この曲だけ他と歌詞の世界観が違う気がするんだよなあ…
でも良い曲。



せつない男心的な歌詞が非常に秀逸。このアルバムで一番好き。
歌詞をちゃんと聴かせるためなのか、韻にあまりとらわれることなくストレートに歌ってるのと、いつものトリッキーな演奏が抑えめなのが逆に良いですね。
関連記事

今夜はブギーバック

2011年06月26日 23:33

小沢健二とスチャダラパーによって94年に出された「今夜はブギーバック」。


邦楽の歴史を紐解くとき、絶対に外せない一曲。
それぐらいの名曲です。
あくまでマイナー的にですが。


この曲の良さが分かるかどうかで、音楽に対する価値観が同じかどうか計れる感じがします。
しかし、何が良いの?と言われてもうまく説明できませんが、とにかく良いものは良いんです。


終始脱力したグルーブ感というか、聴いていてちっとも飽きない。
僕だけが良いと言ってるのではなく、様々なアーティストがカバーしてますのでここで紹介。
酔ってて聴くと心地いいんだよなー。



これがオリジナル。



このカバーは結構有名。CMで流れてますね。ハルカリ。



普通過ぎますが、KREVAは嫌いじゃないので。



フックに歌姫がくると鳥肌立つよね。



ハナレグミの永積氏のカバー。まあ良い声だわ。



フジファブリックの志村氏。ゆる~いラップがなんか良い。
関連記事

フジファブリック/フジファブリック

2011年06月05日 00:56

フジファブリックフジファブリック
(2004/11/10)
フジファブリック

商品詳細を見る


1. 桜の季節
2. TAIFU
3. 陽炎
4. 追ってけ 追ってけ
5. 打上げ花火
6. TOKYO MIDNIGHT
7. 花
8. サボテンレコード
9. 赤黄色の金木犀
10. 夜汽車




最近はとんと音楽シーンに疎くなったせいか、ピンとくるアーティストがいないんですよね。


そんな折、やたらと車中で聴くことが多くなってきたのがフジファブリック。
もう今さら感がない訳ではないですが、最近じわじわとその良さに気付いてきた次第です。
まだ数枚しか聴いてないですがとりあえず1thアルバムをご紹介。


初めのインパクトは少なかったものの、聴くたびに癖になるバンド。
ボーカルの良い意味で肩の力を抜いた歌い方がはまりますね。
楽曲も一捻り加えたものが多くて、聴いてて素直に楽しいです。
聴いてくうちにだんだん抜けられない中毒性もあります。
もう志村さんの新曲が聴けないのが残念でなりません…















1thではこの曲が一番好きですねえ。曲調が変わってトリッキーなとこや言葉選びがツボ。


関連記事

ドラマ「モテキ」

2010年09月18日 23:05

漫画にハマって、その流れでドラマの方も一応見てます。モテキ。
多少のアレンジはあれど、なかなか原作の雰囲気に忠実でファンの期待を裏切ってないんじゃないでしょうか。
主人公役の森山未来さんも絶妙な演技しますよね。

漫画もそうでしたが、満島ひかりさん演じるいつかちゃんが期待を裏切らず可愛いわ~。
というか彼女ってFolder5のメンバーだったんですね。
期待の新人かと思いきや意外に活動歴が長くて驚き。
つーかキャスト陣が意外にベテラン揃いで、フレッシュさはないものの、演技に安定感があります。

あと嬉しいのは、ドラマの中で使われる曲。
サカナクション、フィッシュマンズ、ホフディラン、かまってちゃんとか、普通なら絶対使わないマイナー曲がいきなり流れるとテンション上がりますね。まあ、深夜ドラマだからこそできる業なんでしょうが。

最後に主題歌を紹介します。


オープニング曲:フジファブリック「夜明けのBEAT」

繰り返し聴くのでフレーズが耳について離れません。
これを機にフジファブリックを今更ながら聴いてみようかと。


おまけ ドラマ放送バージョン






エンディング曲:Half-Life「J-POP」

この曲も聴いてるうちに良くなってきます。
血管浮き出そうな歌い方と、サビの「本当はJ-POPが好きで~♪」つーのが何か響くね。
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。