--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のハマったもの

2013年01月19日 00:00

気付けば年が明けていました。
今年もだらだら更新していくぞっと。

昨年を懐かしむ意味も込めてハマったものをランキングにしてみた。


1位 ドラクエ10
2位 まどマギ
3位 勇者ヨシヒコ
4位 トクマルシューゴ
5位 中村一義
6位 七尾旅人
7位 アイアムアヒーロー
8位 ももクロ
9位 ジョジョの奇妙な冒険
10位 GOKUGREEN


もうね。ドラクエ10にハマり過ぎてブログが滞りっぱなし!
ここでは全然紹介してませんが、なんかゲームって記事にしにくいんだよなあ。

昨年から漫画やアニメを精力的に見るようにしてるんですが、やはりなんといってもまどマギですね。
こんなにアニメにのめり込んだのはエヴァ以来だわ。
たぶんテレビ版は三周ぐらい見ました。映画はまだ見てないので楽しみ。

漫画で一番おもしろかったのはアイアムアヒーロー
サバイバル系は割と鉄板ですね。

あとは僕の好きなアーティストが続々とアルバムをリリースする豊作の年でした。
サカナクションはアルバム出なかったので圏外。

ももクロも上半期まで自分の中で盛り上がってましたが今は割と下火ですね。

気になるラッパーはGOKUGREENぐらいだったかなあ・・・。

こんな感じですかね。
今年もさらに邦楽、漫画、アニメなどいろんなジャンルに手をつけていこうと思います。
まあしばらくはドラクエ10に籠もりっぱなしでしょうけど。。。





おまけ「ドラクエ3の戦闘曲をエレキで再現」

何も載せないのもアレなので、ドラクエつながりで昔見つけたやつを載せる。
うーん。とても真似できない芸当。
関連記事
スポンサーサイト

今更ながらジョジョの奇妙な冒険を読んでみた(第5部の感想)

2012年09月06日 00:00

ジョジョの奇妙な冒険 63 (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 63 (ジャンプ・コミックス)
(1999/04/30)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る




ジョジョ第5部「黄金の風」編、やっと読破できました。
いや~今までで一番面白いシリーズだった。
チーム・ブチャラティ最高!


味方にしても敵にしても、キャラクターの個性がはっきりとしていて、とても魅力的。
自然とキャラに愛着がわきますね。
好きなのはブチャラティやナランチャあたりかなー。


スタンド能力もこれまで以上に突飛なものが続々出てきます。
想像の範疇を軽く超えてきますね。
荒木先生やっぱすげ~わ。
メタリカとかベイビィ・フェイスとかよく思いつくよなあ・・・


まあ荒木先生独自の解釈というのか、時々読んでて「え?今のって物理的にどうやって勝ったの?」と理解に苦しむ場面も結構ありましたが、見た目が格好いいのでそんなちっぽけなことは気にしないことにします。


それにしても本作はバトルがすこぶる熱いです。
スタンド同士のトリッキーかつハードな闘いはかなり見応えあります。
好きなバトルシーンは、超特急で繰り広げられたプロシュート&ペッシとの闘い。ブチャラティがカッコいいのなんのって。
ギアッチョやノートリアスBIGなんかのしつこい系も好きですね。



そういえば今、ゲーセンのプライズ景品でブチャラティチームのフィギュアが出てるらしい。

プライズ景品DXフィギュア、新シリーズはブチャラティ・チームを立体化! 第1弾は『ブローノ・ブチャラティ』!(2012年5月下旬)@JOJO



すごく・・・欲しいです・・・。
関連記事

今更ながらジョジョの奇妙な冒険を読んでみた(第4部の感想)

2012年07月22日 23:15

ジョジョの奇妙な冒険 29 (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 29 (ジャンプ・コミックス)
(1992/11/04)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る



ジョジョの奇妙な冒険。第4部読了しましたので感想をば。

舞台はこれまでと一転して日本のS市杜王町。
ジョセフ・ジョースターの隠し子、高校生の東方仗助が主人公です。
第3部に引き続いてスタンド使い同士の戦いがメインとなります。

当時流行ったツッパリ漫画の影響を受けてか、不良学ランのイメージが色濃いですね。
でもこれまでのシリーズで一番面白かったです。

面白さのひとつにあるのはやはりスタンド(能力)の発想力。
まあ色々と出てきます。
そもそも、太陽エネルギーを体内から生み出す「波紋」というものから派生するのが「スタンド」らしいのですが、もはや当初の呼吸法とか全く関係なくなってるじゃん!
そこらへんは深く考えず単にスタンド=超能力者と考えた方が楽しめます。
だって本体のいないスタンドとか登場した時は思わずツッコミたくなりましたもん。
そういった細かいことはこの漫画にとっては逆にナンセンスかもしれません。


そして、今シリーズのラスボスである吉良吉影がなんかカッコいいなあ。
ディオより好き。
あと山岸由花子も魅力的。
スタンドなら虹村形兆のバッド・カンパニーや岸辺露伴のヘブンズ・ドアーなんかが好みです。
でも主人公の壊したものを直すっていうスタンドはある意味反則。
これは最強に近いな。

それにしても、荒木飛呂彦先生が描く芸術の域にも達しそうな洗練された画力には毎度ながら脱帽するばかりです。
キャラの立ちポーズやスタンドの独特なデザインにも惹かれるものがあります。
これが人気の所以なのか・・・。

あとはなんといってもセリフ回しが面白い。
一番感銘を受けたセリフ。
「スゲーッ爽やかな気分だぜ 新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ」
このセンス凄い。絶対頭から出てこない。
関連記事

今更ながらジョジョの奇妙な冒険を読んでみた(第3部まで)

2012年06月12日 23:26

ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)
(1987/08/10)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る



子供時代に少年ジャンプでチラッと見たことがある程度だったんですよね。ジョジョって。
いつかちゃんと読みたいなーと思ってました。
そんな折、ようやく読む機会が巡ってきましたのでぽつぽつと読み進めてるところです。



今のところ第3部まで読み終えたんですが、読んだことない人でも知っているあの有名な“スタンド”が登場する第3部の空条丈太郎編からがやはり面白いですねー。
少年系バトル漫画にありがちな1戦1戦がやたら間延びして長くなるということはなく、ぽんぽんと小気味よく展開していくのが良いです。



ジョジョの魅力って、ストーリーがどうこう言うよりも、キャラクターのスタイリッシュというか突き抜けたデザインセンス、それに独特のセリフ回し(擬音含む)にあると思います。
今となっては逆に笑っちゃう場面もあるんですが、少年の頃に読んでたらひたすらカッコよかったのかもしれません。



しかしながらスタンドの能力とか、作者の発想には毎度度肝を抜かされますわ。
いまだに波紋とか、説明されてもイマイチ理解できないです。
雰囲気を楽しめば良いんでしょうね。



今の知識なら昔アメトークでやってたジョジョ芸人がより楽しめるかもしれないなー。
と思っていたら、また今度2回目のジョジョ芸人が放送されるという情報が!!
なんという偶然wこれは見なければ!
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。