--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のハマったもの

2013年01月19日 00:00

気付けば年が明けていました。
今年もだらだら更新していくぞっと。

昨年を懐かしむ意味も込めてハマったものをランキングにしてみた。


1位 ドラクエ10
2位 まどマギ
3位 勇者ヨシヒコ
4位 トクマルシューゴ
5位 中村一義
6位 七尾旅人
7位 アイアムアヒーロー
8位 ももクロ
9位 ジョジョの奇妙な冒険
10位 GOKUGREEN


もうね。ドラクエ10にハマり過ぎてブログが滞りっぱなし!
ここでは全然紹介してませんが、なんかゲームって記事にしにくいんだよなあ。

昨年から漫画やアニメを精力的に見るようにしてるんですが、やはりなんといってもまどマギですね。
こんなにアニメにのめり込んだのはエヴァ以来だわ。
たぶんテレビ版は三周ぐらい見ました。映画はまだ見てないので楽しみ。

漫画で一番おもしろかったのはアイアムアヒーロー
サバイバル系は割と鉄板ですね。

あとは僕の好きなアーティストが続々とアルバムをリリースする豊作の年でした。
サカナクションはアルバム出なかったので圏外。

ももクロも上半期まで自分の中で盛り上がってましたが今は割と下火ですね。

気になるラッパーはGOKUGREENぐらいだったかなあ・・・。

こんな感じですかね。
今年もさらに邦楽、漫画、アニメなどいろんなジャンルに手をつけていこうと思います。
まあしばらくはドラクエ10に籠もりっぱなしでしょうけど。。。





おまけ「ドラクエ3の戦闘曲をエレキで再現」

何も載せないのもアレなので、ドラクエつながりで昔見つけたやつを載せる。
うーん。とても真似できない芸当。
関連記事
スポンサーサイト

アイアムアヒーロー 10 (ビッグ コミックス)

2012年11月15日 00:00

アイアムアヒーロー 10 (ビッグ コミックス)アイアムアヒーロー 10 (ビッグ コミックス)
(2012/10/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る




待ちに待った新刊。
いやはや面白くなってきましたねー。


物語も途中から救世主クルス編に突入。
しかし彼なぜにブリーフ一丁なのか…。


今後は英雄のストーリーと並行して描かれていくんでしょうか。
いつ二人がクロスするのか非常に興味深いところですが、やっぱり英雄の動向が気になりますね。
そして比呂美ちゃんの復活マダ―?


そういえばFOXでウォーキングデッドのシーズン3が始まってますね。
録りだめてまだ見てないですがこちらもすごく楽しみ。
サバイバル系が大好物な私。
現在プチゾンビブームです。
関連記事

アイアムアヒーロー 9 (ネタばれ?)

2012年06月04日 22:23

アイアムアヒーロー 9 (ビッグ コミックス)アイアムアヒーロー 9 (ビッグ コミックス)
(2012/05/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る






待ちに待った新刊。

今回は初っ端に本編とは別のサイドストーリーである「台湾編」が収録されてます。
だもんで、本編はあまり進展しません。食料ゲットしたくらいか。

それに表紙になってるくせに比呂美ちゃんの出番が全然ないなんて!オーノー!
いつになったら正常に戻るんだろうか。

しかしながらこの表紙はファンサービスなんでしょうが、微妙なホクロ位置とか妙にリアリティがあってなんかエロいわ~。
次刊は秋頃らしいのでまたしばらく待ちぼうけですね・・・。





それにしても、この漫画そこそこ人気もあるようですし、実写化とかしないのかなー。
まあドラマは絶対無理でしょうが。
映画?でも多分R指定になりそうだな。





と思っていたら、誰が作ったか知りませんが結構主人公が似ている実写化動画を見つけました。



後はZQNの再現が問題だな。

ついでに言うなら、比呂美ちゃんは最近テレビによく出てるこの娘とかがピッタリだと思う。
作者は蒼井優のイメージで描いてるらしいですが。



関連記事

アイアムアヒーロー

2012年03月26日 02:53

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
(2009/08/28)
花沢 健吾

商品詳細を見る




今年はいろんな漫画を読んでみようかなーと思って漁っているところです。
そんで早速面白い漫画をみつけちゃいましたよ。アイアムアヒーロー。



乱暴な言い方をすれば、いわゆるゾンビものです。
映画とかでもこのジャンルが好きな人は理屈ぬきに好きだと思います。
次の展開が読めないというワクワク感がハンパないです。
似たような漫画で言うと、ドラゴンヘッドに似た高揚感を味わえます。


とりあえず8巻までざーっと読みましたが、今思えば1巻の溜めがなぜあんなに長かったのかと疑問に思うところ。
1巻までは漫画家アシスタントのいかにもありそうな日常をだらだらと描写してて、こんな感じで続くのかなと思いきやまさかの急展開ですからね。
これもひとつの演出なんでしょうか。まさかそっからゾンビものにいくとは思いもよりませんでした。



主人公の性格はひたすらネガティブなんですが、正直痛々しくて全然感情移入できないところがあります。
しかしながら2巻以降、ZQNと呼ばれるゾンビまがいの者達から逃げ惑う描写には迫力があり、一気に読み上げてしまえるスピード感があります。



あとヒロインというべきか、比呂美ちゃんがいい味だしてますね。
思いっきり青井優よろしくな感じですが、なんか好き。
普通こんな娘は最後まで助かるのがセオリーなんでしょうが、いい意味でセオリーを打ち破ってますね。
はたして正常に戻るんだろうか。



とにかく次巻が待ち遠しくてしゃあないです。
スピリッツ買って読んだろうかなぐらいの勢いですわ。
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。