--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のハマったもの

2013年01月19日 00:00

気付けば年が明けていました。
今年もだらだら更新していくぞっと。

昨年を懐かしむ意味も込めてハマったものをランキングにしてみた。


1位 ドラクエ10
2位 まどマギ
3位 勇者ヨシヒコ
4位 トクマルシューゴ
5位 中村一義
6位 七尾旅人
7位 アイアムアヒーロー
8位 ももクロ
9位 ジョジョの奇妙な冒険
10位 GOKUGREEN


もうね。ドラクエ10にハマり過ぎてブログが滞りっぱなし!
ここでは全然紹介してませんが、なんかゲームって記事にしにくいんだよなあ。

昨年から漫画やアニメを精力的に見るようにしてるんですが、やはりなんといってもまどマギですね。
こんなにアニメにのめり込んだのはエヴァ以来だわ。
たぶんテレビ版は三周ぐらい見ました。映画はまだ見てないので楽しみ。

漫画で一番おもしろかったのはアイアムアヒーロー
サバイバル系は割と鉄板ですね。

あとは僕の好きなアーティストが続々とアルバムをリリースする豊作の年でした。
サカナクションはアルバム出なかったので圏外。

ももクロも上半期まで自分の中で盛り上がってましたが今は割と下火ですね。

気になるラッパーはGOKUGREENぐらいだったかなあ・・・。

こんな感じですかね。
今年もさらに邦楽、漫画、アニメなどいろんなジャンルに手をつけていこうと思います。
まあしばらくはドラクエ10に籠もりっぱなしでしょうけど。。。





おまけ「ドラクエ3の戦闘曲をエレキで再現」

何も載せないのもアレなので、ドラクエつながりで昔見つけたやつを載せる。
うーん。とても真似できない芸当。
関連記事
スポンサーサイト

「じょしらく」を見たのだが

2012年08月01日 00:00

ももクロがEDを務めるというので気になっていた「じょしらく」というアニメ。
試しに見てみたのですが、う~ん…。
これは自分の肌に合いませんね…。
何が面白いのかさっぱり。

特に意味もなくオチもない感じが淡々と続いていく。
これが純な萌えアニメというやつですか?
失礼ですが、こんなんではアニメの歴史が退化してるとしか思えない。

なんか話の流れが、昔少年サンデーで連載してた「かってに改蔵」みたいだなーと思ってたら、実は原作がそのまま久米田康治先生だったのでビックリです。
にしても少し中途半端なアニメだよなあ。
キャラにハマったり感情移入する要素も少ないし、ほんとある意味カルチャーショックですわ。


なんだかんだ言いましたが、この歌(ももクロ)はよい。
関連記事

ももいろクローバーZ/Z女戦争

2012年06月19日 00:35

ももいろクローバーZの6月27日発売の8thシングル「Z女戦争」のPVが公開されました。



表題曲の「Z女戦争」は、知る人ぞ知る相対性理論のやくしまるえつこが作詞作曲を手掛けたそうで。
それだけでアングラ好きにはかなりの相乗効果を期待できるところなんですが、ネットでは賛否両論の嵐となってます。
確かにサビがイマイチだったりやたら時間が長かったりしますがねえ。



でもPVの特撮というかコスプレのはっちゃけてる感じは相変わらず良いと思いますよ。
お馴染みのヒャダインにばかりに頼ってちゃ、ももクロもそのうち腐りますからね。
ここからの伸びシロを期待するわけですよ。



正直、前の2作品はあまりにも万人受け狙ってて全然ピンと来なかっただけに今回の方が好きです。個人的には。
まあ嫌いな人が大半なんでしょうか。
しかし、ここまでメディア露出して人気が出てくると、次第に風化していくのが世の常というもの。
できればあまり売れてほしくなかったと思うのは、マイナー好きの言い分でしょうか。




敵はAKB48という設定らしい。




カップリング曲は王道中の王道のストレートなやつ。でも、これはこれで冒険してないので物足りない。







関連記事

ももいろクローバーZ

2012年04月14日 22:25

一人抜けて“Z”となったももクロ。
正直6人の頃の方が曲もパフォーマンスも好きだったなあ。

とりあえず自分が見る用に最近のやつを貼っとこう。




これはももクロカラー全快で良いですね。















う~ん。最近のはイマイチだなあ…
関連記事

ももいろクローバー

2012年04月02日 02:21

久々に再会した友人が「今はAKBより断然ももクロ!」と言うもんだから試しに見てみたんですよ。
初見ではピンとこなかったのですが…





気付けばハマっていました。
これは中毒性あります。





はっきり言ってビジュアルがそんなに良いわけでもない。
歌がうまいわけでもない。
踊りがすごいわけでもない。
では彼女達の魅力は何か…





ひと言で言えば、それは“全力のパフォーマンス”。
これに尽きると思います。



変な踊りも、変顔もまあ全力。
それに最近口パクのアイドルが多い中、あくまでも生歌で突き通すのは非常に好感が持てますね。
嘘くささの無い自然体なところが良いです。



ロック好きにも支持を得ているそうで、これはなるほど頷けるところです。
パフォーマンスに全力なのはperfumeに通じるところもありますね。



今はメンバーが一人減ってしまい、「ももいろクローバーZ」なるものに改名し、テレビなどにもそこそこ露出するようになってきましたが、どちらかというと昔の素朴で荒々しさの残る感じが好きでしたねえ。
というかブルー(早見あかり)が好きだったのになんで辞めちゃったんだよ…




とりあえずこの代表曲を聴くべし。このわちゃわちゃ加減がいいのだ。




アクロバティックなのも売りらしいです。




総合的にみてこの曲が一番好き。サビがひたすら「コ」押しなのが良い。








途中の転調は好きだがアイドル過ぎてていまひとつ。




武藤敬司フィニッシュが見所。



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。