--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のハマったもの

2013年01月19日 00:00

気付けば年が明けていました。
今年もだらだら更新していくぞっと。

昨年を懐かしむ意味も込めてハマったものをランキングにしてみた。


1位 ドラクエ10
2位 まどマギ
3位 勇者ヨシヒコ
4位 トクマルシューゴ
5位 中村一義
6位 七尾旅人
7位 アイアムアヒーロー
8位 ももクロ
9位 ジョジョの奇妙な冒険
10位 GOKUGREEN


もうね。ドラクエ10にハマり過ぎてブログが滞りっぱなし!
ここでは全然紹介してませんが、なんかゲームって記事にしにくいんだよなあ。

昨年から漫画やアニメを精力的に見るようにしてるんですが、やはりなんといってもまどマギですね。
こんなにアニメにのめり込んだのはエヴァ以来だわ。
たぶんテレビ版は三周ぐらい見ました。映画はまだ見てないので楽しみ。

漫画で一番おもしろかったのはアイアムアヒーロー
サバイバル系は割と鉄板ですね。

あとは僕の好きなアーティストが続々とアルバムをリリースする豊作の年でした。
サカナクションはアルバム出なかったので圏外。

ももクロも上半期まで自分の中で盛り上がってましたが今は割と下火ですね。

気になるラッパーはGOKUGREENぐらいだったかなあ・・・。

こんな感じですかね。
今年もさらに邦楽、漫画、アニメなどいろんなジャンルに手をつけていこうと思います。
まあしばらくはドラクエ10に籠もりっぱなしでしょうけど。。。





おまけ「ドラクエ3の戦闘曲をエレキで再現」

何も載せないのもアレなので、ドラクエつながりで昔見つけたやつを載せる。
うーん。とても真似できない芸当。
関連記事
スポンサーサイト

魔法少女まどか☆マギカ の劇場版予告PVが公開されたようです

2012年08月05日 22:17





最近見たアニメの中では群を抜いて面白かったまどマギ。
本作の映画化が発表され、期待に胸膨らませているところ、ついに予告PVが公開されましたよ。



テレビシリーズの総集編前後編と完全新作の全3作品の製作を予定してるそうな。
総集編2作については前編「始まりの物語」が2012年10月6日に、後編「永遠の物語」が同年10月13日に公開予定です。

とりあえず総集編でもいいのでまずは見てみたくなるのがファンの心情。
しかし、自分の住んでる近くに公開する映画館がないという事実。
大ショック!!
さて、どうしましょうかね。





おまけ

おぎやはぎのラジオにまどマギの声優陣が乱入するという謎のコラボ。
一度アニメを見た人ならニヤニヤせずにはいられません。

経過としては、矢作がまどマギにハマったことをきっかけに、ラジオ内で小木に再三勧めていたら、やがて小木もハマってしまい、しまいにゃ「小木プルギスの夜」とか言い出す始末。
小木プルギスの夜ってw
関連記事

魔法少女まどかマギカ再び

2012年02月27日 00:41




先生!まどマギのオープニング曲が頭から離れません!


アニマックスで再放送してるので録画して繰り返し見てます。
こんなにヘビロテするアニメもかつて無かったなー。


ストーリーが凝縮されていてあまり無駄がないので全く退屈しませんね。
映画化もされるようで、まだまだ目が離せません。

困るのはこの絵柄のせいでなかなか人に勧めづらいことですかね。
まあ恥ずかし過ぎるわ。
関連記事

魔法少女まどかマギカ

2012年01月25日 13:00

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る





いやーまさかこんなアニメにハマるとは・・・

アニメなんてエヴァンゲリオン以来まともに見たことなかったんですが。
ネットでかなり話題になってたのと、普通のどこにでもあるアニメっぽいのに文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の大賞を受賞したとあってちょっと前から気にはなっていました。



試しに見てみたんですが、これがもうね・・・エヴァ並みの面白さですよ!!
アニメってまだまだ楽しめるんだなあと思った。


最初の1、2話まではいわゆる普通の魔法少女的なノリで展開するんで、はぁ?これの何がそんなに面白いの?なんて冷めた目で観ていました。
しかしそれはあくまで魔法少女アニメってこんな世界観ですよーっていう演出に過ぎず、3話目を境にこれまでお目にかかったことのない予測不能な展開が待ち受けています。
決して紋切り型ではない常に固唾を呑むが状態が続き、最終回まで見事に持って行かれちゃいました。

見た感じは完全にほんわかした萌え~な絵柄なんで、これにはすっかり騙されましたよ。


ストーリーはダークファンタジーというんですか、やたら内容が重たい。
3話以降は笑いとかほとんどなくなり、主人公たちの苦悩と葛藤がひたすら描かれる陰湿な流れです。
わざと絵とストーリーのギャップを狙ったんですかね。
普段アニメを見ない人でも十分楽しめる作品だと思うのですが、この絵柄のせいで敬遠してる人はかなり多いんだろうなあと感じます。


よく考えたら深夜アニメだったんですよ、これ。
確かにお子様には絶対見せれないし、理解できないエンディングだしな・・・。
よく漫画が元になったアニメとかって途中でグズグズになることが多いんですが、このアニメは完全オリジナルで、結末がしっかり定まった上で全話が構成されてるので内容に一切無駄がないです。
全12話と少ないながらも密度の濃いこと。


特に僕が凄いと感心した点を挙げると、

・敵である魔女が主人公たちとは全く別のデザインになってて見た目すごく斬新

・故に戦闘シーンもそれなりに見ごたえがある。

・3話でいきなりメインキャラクターが惨殺される。

・タイトルにもなってるくせに、主人公がいつまでたっても魔法少女にならない。

・ネタばれにも近いがマスコットキャラが冷酷で違和感をだんだん覚えてくる。

・エンディングがハッピーというかバッドというか決着するんだけどスカッとしない。


なかでも好きなシーンは、3、7、11話の魔女との戦闘シーンがカッコよかったのと、10話の物語の真相に迫る回が好き。

でもまあ、このやわらかめなキャラクター、サイケデリックな敵キャラ、重厚なストーリーとのミスマッチ感が見事にハマッたってのが人気の要因なんでしょうね。


これ以上は、ネタばれすると面白くないのでぜひぜひご覧ください。
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。